ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2012-06

2012-06

子どもだって悩むんです 〜心が普段着になってみえること〜

てんとうむし 844号 2012年6月22日

今日現在で保育日数50日が経過しました。入園児、進級児共によそ行き姿からふだん着姿を見せてくれる様になりました。言いかえれば緊張がほどけて素の自分が出せるようになったということでしょうか。無理にがんばったり、いい子をしなくていいという安心感が芽生え、少しずつ心が解放されてきていると感じています。その分、甘えたり、泣いたり、怒ったり、いつもと違った姿を見せるお子さんも多くなり、子どもの心の複雑さを感じる場面があります。

その1つに弟や妹の誕生があります。生まれる前から心の揺れが始まる場合もあり、誕生後も長期にわたり心が不安定になり甘えがひどくなったりすねたり笑顔がなくなったりといろいろな変化がみられます。赤ちゃんが生まれても何の動揺もなく気分が安定しているお子さんはほとんど皆無といってもよいかもしれませんね。

そうそう補助教諭の知り合いで16歳の男の子が、下の子が生まれ赤ちゃんがえりをしたという話しも聞きました。わざと親の手を焼かせるような事をする、甘えるなど大きくなっても自分を見てほしいというこっちみて行動がみられたということです。ましてや幼児期ではあたり前ととらえた方がいいのですね。

赤ちゃん誕生に限らず、兄弟関係の中でも真ん中の立場に置かれているお子さんの複雑な心理状態など、よくお母さんから相談を受けたりもします。ご両親は分けへだてなく育てているつもりでも、屈折した心理になりやすいのが2番目の宿命かもしれませんね。どちらにしても自分を見てほしい、手をかけてほしいという気持ちは大きくなっても何らかわることはありません。(だって、私たちだってそうなのですから…)

また今までとは違う姿をみせるお子さんの中には、進級し新しいクラスの友だち関係で揺れ動く心をもて余しているケースもあります。新しい人間関係を再構築している過渡期にあってさみしさや不満がいろいろな形で表れています。着地点を見つけるまでは、やはり時間が必要、お子さんの力を信じて見守っていただきたいと思います。

というわけで、ろりぽっぷではお子さんの心の様子や変化を捉え、その原因を探り、どのように理解し対応していったらよいかを保育者全員で話し合うようにしています。
子どもは、自分の気持ちや感情を言葉ではなかなか表現をしてくれません。表情や態度から気持ちを汲みとり、理解し、そして心に寄り添うことで、子どもと心を通い合わせることができたらと、保育者たちは願いながら子どもたちと共に暮らしています。

今週のろりぽっぷ子たち

じゃがいもほり6/18(月)年長・年中

じゃがいもほり

絵本屋さんがはじまるよ

てんとうむし 843号 2012年6月15日

絵本を読んでほしいな、と思った時 そこに行けばいつでもやさしい大人がいて、ひざに抱いて読み聞かせてくれる、そんな環境が今年も実現します。
お母様方からのお申し出で、絵本の読み聞かせボランティアがはじまって10年目になりました。今年も9人の皆様が子どもたちのために力を借して下さることになり、先日顔合わせの会を持ちました。1年間どうぞよろしくお願い致します。

ろりぽっぷでは子どもたちに本の大好きな子になってほしいという強い願いを持っています。そのために、クラスの中にも絵本を備えたり、帰りの会には毎日保育者に絵本を読んでもらったり週末にはろりぽっぷ文庫を借りていったりして、絵本やお話に触れる機会を生活の中に取り入れるよう努めてきました。保育者も遊びの中で「ねえ、この本読んで」と持って来るお子さんにはなるべく応えるようにしていますが、現実にはじっくり落ち着いて対応することが難しく、子どもも満足しきれない面もあります。

今回、読み聞かせボランティアの方がいて下さることで、そういった不満が解消すると共に子どもたちの絵本やお話の世界が更に豊かになってくれるのではないかと期待しています。絵本コーナーの一角に敷物を敷いて、ゆったりと絵本が読めたらいいなあと、これから始まる絵本ワールドにワクワクしています。

絵本屋さんがはじまるよ

絵本屋さん始まり始まり!どんな出会いがあるかな、どんな楽しいことがあるかな、どんな困った事があるかな。言葉にできないすてきなものを子ども達にもらいに行こう!!

元気な男の子が絵本の絵に興味を示し、反応します。集中して聞きたい隣りの男の子が「ちゃんとみたいからしずかにしてくれる?」人差し指を口の前にたて、お願いします。「うん、わかった!」と返事するもついつい…(笑)

聞きながら、絵を見ながら、何を想像し、考えているのでしょう♪

—絵本屋さん日記から—

園医(内科)が代わります

てんとうむし 842号 2012年6月8日

今年度から園医(内科)を正式に久喜市の高木学先生がお受け下さることになりました。これまで園長の弟 澤辺宏が11年間担当してきましたが、去る2月に心不全により亡くなりました。51歳でした。
大学病院勤務から父の後を継ぐため開業医となった弟はたくさんの心臓の音を聞きたいと、子どもたちの検診を引き受けてくれたのでした。これまでに異常を発見し、心臓の手術を受け、事なきを得たお子さんもいました。

個人的な話になりますが、私が今の仕事へ進むきっかけを作ったのは15歳下のこの弟の誕生でした。幼子のかわいさに目覚めたとも言えるでしょうか。家業の医院を継いだ弟は酒もタバコもやらず地域のお年寄りを相手に夜中の往診も厭わず出かけていました。「無理しなさんな」が、姉である私の口ぐせでした。やはり無理がたたってそれ現実となって、ここ2年のうちに糖尿病から人工透析、そして小さな傷からえ死をおこし片足切断と、入院そして帰宅すれば治療をくり返していました。それでも今年に入って義足も完成し再起も間近また、園医として復帰できると安堵していた矢先の出来事でした。
自分の余命を察知しての事でしょうか“自分が死んだら多くの人には知らせないで…。知らせるのは姉と親友、看護婦さん、3人だけでいい”と生前、奥さんに言い残していたそうです。弟には、浪人生、高校生、中学生の3人の子が残されました。
今だにに知らずに訪れた患者さんが弟の死を知り、窓口で泣かれてしまうと看護婦さんに聞かされ、切なくなります。医者の不養生で自ら、さっさと逝ってしまい、決して名医ではありませんが、地域に慕って下さる多くの方々がいた事は弟のせめてものなぐさめであり、生きたあかしかとも思います。

さて、まもなく父に日がやってきます。
園児のお父様方へ今お伝えできるメッセージは、とにかくお子さん達が一人立ちするまでは健康で元気でいて欲しいということです。会社は命を守ってはくれません。家族の幸せのためにも健康だけは保ってほしいと願います。

今週のろりぽっぷ子たち

匠の技を見て!!(年長)

匠の技を見て

牛乳パックをつなげて剣作りを始めたことがきっかけでした。そこから剣をつなげ、1週間かけて家の骨組みを作った子ども達。「スケスケじゃ〜」という声もあがり、いろいろな箱を使って壁もできてくるとインターホン、テレビやポストもつけていました。
トータル2週間かけアイデアを出し合いながら、根気強く完成させたお家。さすが年長さん!!という大作です。

完成すると早速家の中で遊びます

匠の技を見て

解体後は平屋の小部屋になりました

匠の技を見て

富士山に登ったよ!!“えっ?”<年長遠足>

【年長版】てんとうむし 841号 2012年6月1日

年長組の目的地八幡山は、春日部市八木崎駅北側の、八幡神社の境内にある標高17mの小山です。どのくらいの傾斜か説明できないのが残念ですが、子どもたちにとっては挑戦しようという気持ちがかきたてられる、適度な危険個所もあるスリル満点の山です。斜面を木の根っこにつかまりながらよじ登ったり降りたりする動作は、5歳児ならではの筋力やバランス感覚などが必要です。
この日の子どもたちの様子を見ていると、転び方にも上手い下手があることがわかります。“危ない!!”と思うと腰をおとし、野球のスライディングのように斜面をすべり降り、転倒を回避できる子、かと思えば、思っていた以上に勢いがついてしまい、派手に一回転して転んでしまう子もいました。ただ、いずれにしても多少のすりキズのみで大きな怪我にはならなかったのはさすが子どもたちですね。(大人じゃ…大怪我です。)また、転んで痛くても誰ひとり泣きごとを言わず、すぐさま立ち上がり、チャレンジを続ける姿に驚きました。楽しさ、挑戦したい気持ちが、痛さ、こわさよりはるかに勝っていたのでしょうか。普段は、おとなしかったり、控えめだと思っていた子が、意外や意外、大胆に斜面を駆け降りているのもびっくりさせられました。

以前、社務所で、八幡山の由来を伺いました。なんでも、富士山の霊峰に似せて作ったということ。子どもたちの健やかな成長と安全を祈願している山だということでした。道理でこれまでお山で遊ばせてもらっても、一度も怪我をしなかったわけです。子どもたちが守られていたからと納得しました。信仰心の薄い私ですが、この日は八幡様の大きなふところのなかで遊ばせていただいたという安堵感で穏やかな気持ちになりました。

今週のろりぽっぷ子たち

それぞれのスタイルで下り坂にチャレンジ!!

22回も登り降りをくり返した子もいました。

それぞれのスタイルで下り坂にチャレンジ!!

原っぱあそび<年中遠足>

【年中版】てんとうむし 841号 2012年6月1日

火曜日、爽やかな空気が朝の園庭を通り抜けて、まさに遠足日和です。年中組の目的地は、内牧公園のはらっぱ。雑木林はほど良くひんやりしていて、遊ぶにはちょうど良い場所です。駐車場からクラスごとにはらっぱに向かい歩いてきました。
荷物を置くといよちよフリータイム。「ねぇ、遊んでいい?」の子どもの声に「いってらっしゃ〜い!!」と保育者が言うと、一斉に走り出しました。はらっぱは、その名の通り遊具のないところですが、ろりぽっぷ子は遊具がなくても遊びを見つけ出せるのがさすがです。太い木を見つけると、「木登りしよう!」とよじ登る子。オオバコの草では、保育者とのオオバコずもうが始まり、「強いのを見つけてくる!!」と、はらっぱをくまなく探す子。カエルやミミズ、ヘビイチゴ、シロツメクサをお土産にと集める子もいます。保育者やバスのおじさん達は、シロツメクサのかんむりを作ったり、ヘビイチゴのブレスレットを作ったり、たんぽぽの茎でピーピー笛を作ったり、原っぱ遊びのモデル役をつとめます。土手では、誰からともなく横になってコロコロ転がり出す子たち。草の上に寝転がって「気持ちいい!」とのびる子。ここでは書ききれないほど、自然の中で楽しく友だちと遊ぶ姿が見られました。

もうひとつのメインイベントは、ずっと朝から心待ちにしていたランチタイム。年に数回しかないお母さんの手作りお弁当は、遠足の醍醐味のひとつでもあります。みんなの腹時計は実に正確なもので、11時半には「お腹すいた〜!」と合唱(笑)。各クラス毎に支度し、いただきますをしてお弁当を開けると、お母さんの愛情がつまったお弁当に子どもたちもにっこにこ。この時の笑顔は何とも言えず幸せそうで、私も嬉しくなります。そして、お腹いっぱいになると、ろりぽっぷ恒例“お菓子のとりかえっこ”のはじまりはじまり。初めて遠足デビューした子も、慣れている友だちの様子を見て仲良しさんとお菓子のとりかえっこをしていて、子どもは見て学ぶのだなぁと感じました。

今週のろりぽっぷ子たち

こうやって、こうやって…ふむふむ。誰にプレゼントしようかな。

こうやって、こうやって…ふむふむ。誰にプレゼントしようかな。

遠足デビュー<年少遠足>

【年少版】てんとうむし 841号 2012年6月1日

ほど良くお天気に恵まれた31日、年少組さんははじめての遠足に行ってきました。目的地は「十三の塔」、幼稚園からバスで5分足らずのところです。テーマパークや遊園地にお母さんと一緒に行く幼稚園も多いようですが、子どもたちが自分の足で出掛けてくるのがろりぽっぷ流。お母さんから離れて初めての遠足に、子どもたちはもちろん送り出すお母様方も期待と不安でドキドキだったことと思います。

「十三の塔」は周囲を田んぼにかこまれ、小さいながらも池あり、林あり、ちょっとした探検気分が味わえる、変化に富んだ場所です。池にはザリガニの姿が…。いるなら、釣らねばなるまいと、さっそくさきいかをエサにザリガニ釣りに挑戦です。十三の塔では、塔守りのおじさんが毎年ホタルを放すので、ザリガニは天敵、釣ってくれるのは大歓迎とうことでした。バスのおじさん達にモデルになってもらい、“すぐに動いちゃダメだよ。じーっとしてるんだよ”などとコツを伝授してもらいます。マッカチンも含め20匹以上ゲットしてきました。年越しのドングリを拾ったり、花を摘んでペンダントを作ってもらったり、自然の中でのんびりと過ごしてきました。

そして、遠足のメインイベントは、やっぱりお弁当。着いて10分もしないうちに「おべんとうは?」と聞く子がいるほど、みんなは期待でいっぱいです。「おなかをう〜んとすかせてからね。」となだめ…、いっぱい遊んだ子どもたちに「おべんとうにしよう!」と声をかけるのは、保育者にとっても嬉しい瞬間です。
自分でリュックからシートを取り出し、広げてお弁当を出し、手をふいて…。やることはたくさんで大変ですが、お家での練習が功を奏したのか、はたまたお弁当への期待感が背中を押したのか、年少さんとは思えないほどスムーズに支度が出来ました。そして、クラスごとに「いただきます」のご挨拶。「せんせい、みて〜!」の声がとび交う中、楽しいお弁当タイムとなりました。
その後のさらなるお楽しみは“おやつ”。ろりぽっぷ名物“おやつのとりかえっこ”デビュー も果たしました。保育者が「とりかえっこしよう」と誘ってもキョトンとしている子、“とりかえっこ”が理解できずにもらう一方の子も…。年少組ならではのほほえましい姿です。かと思うとお友だち同士で上手にとりかえっこしている仲良しさんもいましたよ。

盛りだくさんの一日でぐったり疲れて…でも楽しい報告があったことと思います。リュックの中がぐちゃぐちゃなのはご愛嬌、「自分でがんばったのね」と、あたたかく受け止めてあげてくださいね。

今週のろりぽっぷ子たち

しんぼうしんぼうすぐ動いちゃダメだよと、おじさん

しんぼうしんぼうすぐ動いちゃダメだよと、おじさん

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2012-06

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。