ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2013-02

2013-02

もうすぐ1年生 〜幼稚園・小学校連絡協議会より〜

てんとうむし 866号 2013年2月22日

てんとうむし866号

とうに立春は過ぎたのに毎日ひとけたの気温が続いて、春はまだまだ先のようです。年長組はいよいよ仕上げの時、保育日数も残り18日となりました。いっそう一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

さて、近年、小学校入学を前に学校側から事前に情報交換をしたい旨のお誘いをいただくようになりました。
今年も学校の先生がおいで下さったり、年長組の担任が手わけして何校かにでかけたりしています。各校での協議会の内容は様々ですが、ある学校では現1年生の授業を1時間見せていただいた後、先生方との意見交換を行いました。
授業の見学では、やはり落ち着いて話を聞く態度ができているかどうかが一番のポイントかなと感じたようです。(園では気になるお子さんがチラホラ。担任も気合いが入ります。)以前、小学校の校長先生をお招きして講演していただいた際、入学前に読み書きがどれだけできるかよりも、生活の自立、自分のことを自分でしようとする自発性を身につけることの方が大切とおっしゃっていました。学校では登校時間が決まっていますから逆算して起床時間を決め、朝食、身支度を済まさなければなりません。大人に言われなければ身支度ができない、手を貸してもらっているというのであれば、見直す必要がありそうです。手や口を出しすぎず、まずはお子さんにまかせてみてはいかがでしょうか。

かつて、校長先生から苦言もいただきました。新入生の説明会等で保護者の方の私語が大変多く、話しを聞いていないということでした。授業参観もしかり、私も以前、参観させていただいた時、あちこちで携帯の音がひびいていたり、はたまた廊下でおしゃべりを続け、授業を見ていない母親たちとマナーの悪さにびっくりしたものでした。
子どもたちが授業を聞けないという以前に、親ごさんの態度を正さなければいけないのでは、と耳の痛いご指摘を受けました。
小学校にはいろいろな園や保育所から子どもたちが集まってきます。せめてろりぽっぷのお母様たちはこのような指摘には無縁であってほしいと切に願います。
ちなみに、ろりぽっぷの子どもたちはこの4月、27の小学校に分かれて進学します。

今週のろりぽっぷ子たち

そーっと、やさしくね。
2/19〜ひな人形飾りつけ〜

ひな人形飾りつけ

トッピングは創造力で ~年長ピザ作り~

てんとうむし 865号 2013年2月15日

てんとうむし865号

例年ですと流行りの病気が多いこの季節、今年の発表会はなんと、欠席なしの全員参加。それだけでも嬉しい発表会でした。たくさんの暖かい拍手をありがとうございました。

ひと息つく間もなく、子どもたちは心躍る活動が続きます。今回年長組はピザの材料をコープに買いに行きました。事前にグループに分かれ、どんなトッピングにしようか、クラス分のチーズ、粉、ピザソースはどのグループが買うかなどを話し合い、準備は万端です。おさいふに予算の1,000円を入れ、各グループかごを片手に目的の食料にむかって店内に散っていきました。
今年の年長さんは値段を吟味するよりも「いっぱい入ってるのにしようよ。」「大きいほうがいいよね。」と決める基準が分量というグループが多かったです。何グループかはあえなく予算オーバー。カゴの中をのぞき込み、悩みながら代わりのものをさがしに出かけます。
この買物ツアーではひとりひとりのお子さんの性格やグループでの力関係がよく出ていて、子どもたちは悩んだり、失敗したり、大いに学ぶ場となりました。

レジで考えこんでしまった子どもたちに気長に付き合って下さったうえに、「にぎやかな声がお店に活気を与えてくれうれしかったですよ。」と言って下さったCoopのスタッフの皆様に感謝です。

残金166円で…。
「ハチミツは?」「ジャムは?」「さとうは?」「えび、ほたては?」と思いつくまま手にとる男の子たち。魚コーナーでサバの切り身を見つけ、「158円だから買えるよ!!」とA君。すかさず、「ねぇ、それ自分たちで切れるの~?」とB子ちゃん。しばし考え、「じゃあ、青のりにしよう!」とのりコーナーへと向かう。そこでふりかけを見つけ、全員一致でわかめふりかけを購入することに決定!!

生活発表会

連絡帳でたくさんの方々から感想が寄せられました。いくつか紹介させていただきます。

息子は人前に出ると楽しくなってテンションが高くなってしまいおちゃらけキャラになるだろうと、思っていた通りでした。本人には「がんばっていてえらかったね」と声をかけましたが、私と主人は…>_<という感じでした。でも年中、年長さんとなったときに息子がどう成長していってくれるのかを楽しみにしようって事で主人とは話しました。(笑)年少男児・母

それぞれの個性があり、それをそのまま受け入れてくれる先生方の姿に感謝いたします。そして、年長さんの発表では、合奏、手話、うた、とても一生懸命にがんばる姿に心打たれました。年少男児・母

娘にとって初めての生活発表会なので、ちゃんとセリフを言えるのかとても心配だったのですが、思ったよりしっかり言えていたので安心しました。好きな遊びは、家では、一人で縄とびをするの~と言っていたのですが、大縄にしたのですね。プレイデーもそうだったのですが、大縄を飛んでいる娘を見て成長を感じました。年中女児・母

子供達も先生方もとても一生懸命さが伝わってきた、そして日頃の子供達の様子も垣間見れた発表会でした。終わった後は、とても疲れたのと、緊張がほぐれたのか、大きなあくびを何度もしていました(笑)が、本人も満足したようでした。(中略)そして、同じグループで見た年長さんの演奏や歌にはとても感動し、園長先生と一緒に私も涙してしまいました。年長さんになると、小学校入学間近のせいか、本当にしっかりして大人っぽくなるのかな~と感じました。年少さんはとてもカワイらしく無邪気さと少し恥ずかしさとが混ざりながらもみんな仲良くやっていたのが印象に残りました。年中女児・母

先日の生活発表会、とてもとても素晴らしかったです。学年が上がっていくにつれ、成長が明らかな面、その分、小さい組さんは幼さが可愛らしく…そして年長組の劇はせりふも、各自の役割がしっかりこなされていて、去年見ていた年長さんの姿に、今年は息子もなることができたんだなぁ…と実感しました。手話の歌のときはもう、涙がとまらなかったです。学期に触れることもなかったし、まして、ドレミ…♪など今まで知ることもなかった息子が、楽譜を頭に入れて木琴をたたくなんて本当に想像もできなかったことです。やったことのない事を“やりたい”と思う気持ちもすごいし、そう導いて下さった先生のお力添え、ろりぽっぷのパワーに本当に感激でした。発表会の練習が始ってから、自宅でも手話をやりながら歌ったり…本当に楽しそうに取り組んでいました。当日はそんな自宅での姿も重なって、胸いっぱい、涙いっぱいになり、今さらですが、息子が大好きと改めて思いました。年長男児・母

毎年、3クラス分を観るのは、正直大変で(苦笑)、途中だらけてしまったりしていたのですが、今年は違いました!!年少さんの可愛らしい姿、年中さんの頑張っている姿、そして年長さんのたくましい姿…終始目が離せず、3年間で一番楽しめた生活発表会だったような気がします。(中略)他の幼稚園とは違い、朝からお帰りの時間までびっしり練習練習の日々を過ごすというわけではないのに、あそこまで完成度が高いことにびっくりし、本当に感動しました。楽器も手話も、すごくすごく上手でしたね。いったい、いつ練習していたのですか?年長男児・母

今週のろりぽっぷ子たち

Coopへお買物

自分で決める好きな遊び 〜生活発表会〜

てんとうむし 864号 2012年2月1日

てんとうむし864号

春をつげる園庭のろう梅がようやく咲きはじめました。
いつもの年ならばすでに白梅が満開のはずですが、寒さのせいで今年は1ヶ月ほど遅れています。

さて、来週半ばにはプログラム、及び生活発表会までの子ども達の様子をお知らせするプロセス冊子をお配りする予定です。
実はその他に、プロセス冊子には紹介されてない、とっておきの演目があるのです。
それは、「好きな遊び」です。初めての方はえっ、これって何と思われるでしょうが、ろりぽっぷらしさに溢れているのが、この演目なのです。幼稚園関係者の間でも驚かれるユニークなものであることは間違いないようです。
ひとりひとりにスポットライトを当てて輝ける場を用意してあげられないか…と生まれたのが「好きな遊び」でした。自分が園で生活する中で何よりも一番楽しくて、これが好きという遊びを自分で決めてみんなに見てもらう、自分の意志を最も尊重されいかされるのが「好きな遊び」なのです。これまでには、園庭の木登り、ブランコでの靴とばし、舞台上での砂遊びなど、ユニークな発表がありました。直前になって「やっぱり他のものにする」と心変わりは当たり前。臨機応変が信条の保育者もキリキリ舞いさせられるのが、「好きな遊び」です。もちろん、3歳児や初めてのお子さんは、好きな遊びを見てもらうことを理解するのが難しかったり、待ちくたびれてぐずったり、舞台に上がることが恥ずかしかったりと、当日はいろいろな姿を見せると思いますが、お子さんの気持ちをおおらかに受け止め、無理をせず進めていきたいと思います。
大きい組さんの演技にすごいなぁと憧れたり、自分でも出来るようになりたいと、発表会後にトライする姿が見られるようになったりと、「好きな遊び」はお互いに刺激し合うよい機会になっているようです。

さて、当日はどんな姿を見せてくれるのでしょうか、楽しみですね。大勢のお客様の前での発表です。得意な面や取り組み方が違っていても、それぞれが成長している点を見つけて認め、誉めてあげてほしいと思います。楽しそうに歌っていたね、一生懸命やっていたね、みんなの前でよくやれたね、かっこよかったね、など…。お子さんの自信につながるような言葉がけをしていただけると嬉しいです。

今週のろりぽっぷ子たち

あなたのおとしは今いくつ♪
冬はやっぱり…なわとび!!

冬はやっぱり…なわとび!!

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2013-02

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。