ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 秋の遠足 〜東武動物公園〜

秋の遠足 〜東武動物公園〜

てんとうむし 854号 2012年10月26日

青い空、白い雲、ちょっぴり強い風をスパイスに東武動物公園に遠足に行ってきました。日延べしたかいがあって秋を感じながらの気持ちの良い一日でした。
今年も年齢ごとにねらいを決めた活動でしたが、3歳児はとにかく自分の荷物を背負い、自分の足で広い園内を歩くこと。リスや鳥、サル、ペンギンなどをゆっくり見ることができました。ペンギンのプールは動きもあって、大人気でしたが、園内の中間地点でもあり、エネルギー切れで「お腹すいた〜お弁当ま〜だ〜」大合唱で、ゾウやライオンもスルーして、お食事スペースへまっしぐら。3歳児らしい姿に ま、あと2回来ることでもあるし、リベンジのチャンスもあるので、とりあえず腹ごしらえをすることにしました。
4歳児は小動物とのふれ合いをねらいに『ふれあいの森』で、うさぎ、モルモット、ひよこたちとじっくりとかかわりました。その他、日本産動物舎で鹿やリスを見たり、人気のサル山では、長い時間をかけて観察したり、ペンギンやアルパカ、ホワイトタイガーも見たりと、3歳の頃と比べて、ぐーんと動物の種類が増えました。
5歳児は卒園遠足の上野動物園自由行動を念頭に、初めてグループ行動にトライしました。事前に、5人ずつのグループを決めて、何を見るか相談をしての活動でした。1人っきりにならないようグループのお友だちを気遣うこと、決められたエリア以外には行かないことの約束をして、それぞれ散らばっていきました。開始早々、ライオンの地下に殺到、テンションが上がり騒いでしまう子もいたようでした。もめたり、分散したり多少のトラブルはあった様ですが、これも学習です。
とにかくケガもなく迷子も出ず、ほっとひと安心でした。

今週のろりぽっぷ子たち

秋の遠足

秋の遠足

秋の遠足

4回目のバウ忌

今年もバウの命日、10月19日が巡ってきました。その日は、祖父母の会でてんやわんやでゆっくりバウをしのぶ事もできずにいましたが、23日にバウの紙芝居と絵本をよみ、みんなで好きだったクッキーをいただきました。何人かの在園、卒園児の方たちから花束やお手紙も届きました。バウを忘れずにいてくれるお子さんたちがいてくれる事をうれしく思います。
本当にバウは世界一幸せな犬でした。

バウのお花は子供達が持って行きたいと言っていたのですが、学校の帰りが遅かったので私が代わりに持って行きました。園長先生には少しお話ししましたが、我が家では夜空で一番輝いている星はバウの星と決まっているのです。これは子供達が決めている事なのです。
子供達にとって初めて生き物の死を見つめる事がこんなに大きく心に残るとは思ってもいなかったのでバウに感謝しています。そして我が家には、今でも、バウの祭壇の前で遺影とバウの首輪を持った子供達の写真がリビングのカウンターに飾ってあります…。今後も子供達がバウの一番星を忘れないで優しい心で育ってくれたらいいなぁーと思っています。卒園児 母

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ladybug.wakuwaku-dokidoki.com/wp-trackback.php?p=119
Listed below are links to weblogs that reference
秋の遠足 〜東武動物公園〜 from 園だより てんとうむし

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 秋の遠足 〜東武動物公園〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。