ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > できるところはまかせて 〜子どもと着替え〜

できるところはまかせて 〜子どもと着替え〜

てんとうむし 840号 2012年5月25日

今週は金環日食がありましたがご覧になりましたか?
私も時流に乗り遅れまいと、孫のウルトラマン観測用メガネを借りてみました。目の前の小学校では登校時間を早め全校生徒で観測会を行っていました。

さて、5月は春と夏のデュエットと、詩人の北原白秋がよんでいますが、10度の温度差が生じた水曜日、気温が上昇するにつれ子ども達は次々に洋服を脱ぎ捨て、泥んこ遊びを始めました。キャッキャッと声を上げお友だちに水をかけたり、かけられたり、実にうれしそうです。こんな遊びはお家では絶対にさせてもらえないだろうと見守りながら、後始末の大変さが頭をよぎります。
まっ、それはさておき、園でも着替えをする機会が遊びだけでなく身体測定、内科検診など様々な場面で増えてきています。着替えの取り組みは家庭生活の影響が大きく、個人差があります。いつもお母さんにやってもらっている子は、つっ立ったまま脱がせてもらうのを待っていたり、着替えをする気持ちはあってもなかなか行動に移せずとまどっている子もいます。そんな場合はどうしたらよいのでしょうか。

1つには自分のペースでもいいからできるところは任せてみる、ということです。 着替えはボタンなど案外面倒なことや時間のかかることもあります。せかされると自分のペースでできないので投げ出してしまいます。その子のペースを大事にして、自分の力で着替えたら認めてあげたいもの。そしてできることは任せて見守るようにしていきましょう。
2つ目は着やすい工夫をするということです。きつすぎる靴やボタンの多い服、(手洗いの時、シャツやブラウスの袖ボタンは自分ではずせないので先生にやってもらう)長すぎるくつ下などは着替えが大変です。靴の大きさやくつ下のはきやすさ、服の着やすさなどにも注意してあげるといいですね。そうそう、下着の前、後ろがわからないで反対に着ている子、首のところから一緒に手を出している子もいました。そのうちだんだんと自分でできるようになって、年長組になると、ごく自然に脱いだり着たりが手早くできるようになってきます。まだまだだなというお子さんもゆっくり待ってあげましょう。

今週のろりぽっぷ子たち

どろんこ天国だ〜い!!

どろんこ天国だ〜い!!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ladybug.wakuwaku-dokidoki.com/wp-trackback.php?p=40
Listed below are links to weblogs that reference
できるところはまかせて 〜子どもと着替え〜 from 園だより てんとうむし

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > できるところはまかせて 〜子どもと着替え〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。