ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 遊んで育つ運動能力 〜プレイデーを前に〜

遊んで育つ運動能力 〜プレイデーを前に〜

てんとうむし 850号 2012年9月21日

玄関前のススキの穂が風に揺れ、ほんの少し秋が近くなったことを感じます。
ススキと言えば十五夜の月見にはススキの穂と白玉の団子は昔から欠かせないほど縁が深いものです。そのススキも最近ではあまり見かけなくなりましたが、園ではその貴重なススキを絶やさぬよう大事に守り続けています。

さて、お隣の小学校から運動会の練習の元気な声が流れています。ろりぽっぷでも、楽しげに踊る姿やバトンを持って走る姿が園庭のあちこちで見られ、プレイデーに向けて子どもたちの気持ちも高まってきているようです。

以前、あるお母様から、小学校の運動会で卒園した子どもたちがリレーの選手として活躍していたことをうかがいました。在園中は俊足として目立っていたわけではなかっただけに、とても嬉しく、がんばって走っている姿がまぶたに浮かぶ様でした。そうそう、彼は友だちとよく走り回っていたっけ。いっぱい遊んで、いつの間にか脚力をつけていたのですね。

子どもにとっては、遊びは生活のすべて。社会性や創造力などいろいろな力が総合的に身につく宝の山です。運動能力もそのひとつ。夢中で遊んでいるうちに知らず知らずのうちに、腕や足の筋力がついたり、機敏さや瞬発力、反射神経なども備わってきます。体育遊びとして大人が設定してやらせるのも否定しませんが、面白いから、楽しいからやってみる方が、はるかに育つものが大きいのは、言うまでもありません。
ろりぽっぷでは、生活の中で強制されてやるのではなく、やってみたいから自らトライするという姿があちこちで見られます。縄跳びがとべるようになりたいと、何日もかけて練習している子、一輪車や補助なし自転車が乗れるようになり、達成感に顔を輝かせている子。はたまた、バケツに水を汲んで斜面を何度も往復している子。○○の力をつけるためになんて誰も意識はしていませんが、いろいろな力が育っているのですね。子どもたちは、まさしく未来のアスリートです。

ちなみに、インストラクターが体育指導をしている園の場合よりも、自由に遊んでいる園の方が、運動能力が高かったという日本女子大学の研究報告もあります。その理由の1つとして、前者は順番をまつ時間のほうが長く、1人1人が身体を動かしている時間は実は短いという事があげられています。
このことは、孫のスイミングを見学に行った際に実感しました。子ども12人に対し、1人の指導者が付き、1人ずつ順番に子どものビート板を引きプール内を移動していました。つまり、自分の番以外はすべてが待ち時間という状態でした。

何はともあれ、ろりぽっぷ子には、大いに身体を動かして遊んでほしいものですね。

タイヤ遊び

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ladybug.wakuwaku-dokidoki.com/wp-trackback.php?p=96
Listed below are links to weblogs that reference
遊んで育つ運動能力 〜プレイデーを前に〜 from 園だより てんとうむし

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 遊んで育つ運動能力 〜プレイデーを前に〜

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。